電鋳

独自で開発した最適な金型技術を活かし、
お客様のニーズにお応えします。

自動車部品をはじめとして、家庭電化製品、キッチン・バスユニット、農業機械、建設・土木作業車、浄化槽など、
それぞれに最適な金型技術を独自に開発。お客様の多様なニーズに合わせて製造し、試作からアフターケアまで一貫したサービスを提供しています。

電鋳について

電鋳の特性や、電鋳によって作られる製品など、電鋳について詳しく説明します。

電鋳とは

電鋳とは、母型(例えば、レコード盤を作るために微細な模様をした製品を反転作業によって製造した母材)を電気メッキで厚メッキ(3mm~5mmの肉厚)を行い、これを母型から離型して、母型を反転した面を作り出し、金型などを作製することです。
電気メッキとは、電気化学反応において、メッキする側(+:アノード)と、メッキされる側(-:カソード)間に電流を流し、メッキする側よりメッキされる側に、液中の金属イオンを析出させていくものです。

電鋳の特性

特性01

電鋳では、微細(0.01~0.1ミクロン)精度で面転写が可能です。

特性02

電着金属によって、硬度、引っ張り強度などの物理的性質、化学的性質を広範囲に変化させることが可能です。

特性03

電鋳では、レザー模様、木目模様などの天然パターンを、精度良く転写します。

特性04

電鋳とは、品物の形や大きさに左右されず、電着することが可能です。

ノーマル電鋳について

業界トップクラスの大型電鋳槽を備え、多様なニーズにお応えします。

高精度にしかも精細なパターンを再現することができる電気鋳造。0.01~0.1ミクロンの精度で面転写します。
レザー模様や木目模様なども精細に再現。スピーディな対応により短納期を実現しています。

世界最大クラスの大型電鋳槽を設備

世界でも屈指の規模を誇る大型電鋳槽

極東精機の勢和工場では、世界トップクラスの大型電鋳槽(6m×5m×2m)を備え、浄化槽やバスユニットなどの大型の金型製造を可能としています。

成形からアフターケアまでトータルに対応

高度な転写加工技術により皮革などの質感を精細に表現します。
また成形から金型のアフターケアまで、一貫したサービス体制でお客様の多様なニーズにお応えします。

RIM成形金型

樹脂表面の微細なディテールと光沢を活かした電鋳技術です。

これまで鉄を加工して製造していた金型を、樹脂による金型にすることにより大幅なコストダウンと短納期を実現しました。
自社工場の大型電鋳槽により、航空機用などの大型金型も可能としています。

航空機からバスユニットまで多様な金型ニーズに対応

極東精機の高精度・高品位な金型技術は様々な場所で活かされています。
浄化槽や農業機械などの大型の金型も提供しています。

多孔質電鋳

多孔質ならではの通気性と強度・耐久性を備えた電鋳です。

金型の望みの部位に孔を開けることで、さらに精細な転写や、
より微妙な曲線の再現を可能にした多孔質電鋳。
孔の数や位置も自由に設定できる、高強度・高耐久の金型をお届けします。

微細なディテール再現性を活かして

大胆な切り返しを見せるドア内側の曲線。エッジを効かせてシャープさを印象づけるインストルメントパネル。
上質感を表現するプレミアムカーのインテリアなどに活かされています。

真空成型機

真空成形機

真空成形機

ウレタン発泡金型

金型製作や成形装置への組み付けまで、一貫したサポートを提供します。

自動車のインストルメントパネルをはじめ、内装部品の製造に適したウレタン発泡金型。
高精度を実現するとともに、きめ細かな温度制御によって、信頼性が高く耐久性に優れた金型を提供します。

金型をはじめ成形機械をトータルに提供

上型・下型の金型はもとより、金型の組み付けまでの工程を行い、成形機械をお客様にお届けします。
また、短納期や高度な加工技術が要求される金型製造も可能です。

複雑な形状や柔らかな表情を繊細に表現

自動車のインストルメントパネルやコンソール、ドアトリムなどの複雑な形状を高精度に再現。
ウレタンならではの柔和な質感や触感を高い次元で実現します。

シート金型

独創の金型技術により、高い精度でシート成形を実現します。

高精度かつバリの出ない高品位なシート成形を可能にした、
独自のガスシール工法による金型を提供します。

マスターモデル

独自のシート金型によるバリのないシート

バリのある従来製法

バリやシコリのない、高品位なシート成形を実現

これまでのシート成形でバリやシコリが発生する問題を解消したのが「ガスシール工法」です。
バリが出ないことで生産性を上げるとともに、修正にともなうコストと余計な原料を抑えた、高品質のシート成形を実現します。

シート金型による高品位なシート製品

Contact

お問い合わせ

電話からのお問い合わせ

TEL.052-622-3061

メールからのお問い合わせ